3373plug-in

ゲーム二次創作中心ブログ。 更新まったり。作品ぼちぼち。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
お盆前に少しだけ浮上しました…。
いつも来ていただきありがとうございます。
ずっと休んですみません。今日明日だけ、更新いたします。
次回更新は未定です(__;)



砂粒の問いかけ。
*

温かい。寒い。ぬるい。凍える。
気持ち悪い。気持ちいい。不愉快。綺麗。寒々しい。

畏れ。不安。孤独。悲しみ。嘆き。

いっそ吐き出して全て捨ててしまいたかった感情と言葉。

その全てが解け合い、今僕はあらゆる感情にまみれ、その一つとなり、世界を構築する一つの雫になろうとしている。

いや。

雫とも言えない、一掴みの泥。
その中でもぞもぞともがいている、一握の砂粒。

「僕」という、一個人の存在を全て手放し、「僕」は「僕」ですらなくなった。
真っ黒い泥に溶け、その一部となり、その泥を構築させ、この世に存在させる事だけを考えていれば良いようだ。

輪郭も無く、何かを掴むための形すら無い。
だが、それでいいのだ。

「僕」一人この世から消えても、世界が終わる訳では無い。
むしろ、世界に必要とされない余剰なネジ一本消えるだけで、世界はほんの少し広くなるかも知れない。
ゴミは、さっさと処分された方が良いだろう。

もう、自分を待つ者もいないのだ。

もうどうでもいい。

…どうでもいい。



「何が」

声がした。脳内に静かに響いてくる、優しい声色。
男の声。
僕は答える。

…何でも。
そもそも「僕」は、何故この世に産まれたのかすら、分からないでいる。
どうして、こんな目に遭い、ここに今居るのかも。
…大なり小なり、生きている人は皆、そうなのかも知れない。
だけど、僕はそもそも存在すら否定されていた。

ならば、何故自分の存在を肯定出来る?
「僕」は、ただ生きていただけ。
息を吸って、吐いて、飯を食べて、飲んで、諾々と毎日を過ごしていただけ。
そこに、意味なんてあるの…?


「ならば、何故お前は揺らいでいる」

声がした。
僕は答える。

揺らぐとは、何?


「迷い。果たされなかった願い。すなわち未練」

…お義父さん。
僕と共に8年間を過ごしてくれた、成瀬のお義父さん。

会いたかった。
死ぬ前に、もう一度会って、ちゃんとお礼を言いたかった。

きっと、「僕」のせいだ。
「僕」が、お義父さんに無理をさせたんだ。
仕事でも、私生活でも、きっと「僕」のせいで自由もきかなくて、大変だったはず。

ごめんなさい。
…謝ったって、許してもらえないだろうけど…。


「偽るな」

声は続く。
ほんの少しの怒気をはらんで。

僕は答える。

嘘なんか言ってない。
僕は、本当にお義父さんに迷惑かけたと思ってる。
本当に申し訳ないと…。


「己が真実より目を逸らし続ける限り、真なる顔は得られない」

真なる、顔…。


「目を背けるな。耳を塞ぐな。口をつぐみ、歩みを止めず、己の海に語りかけよ。自らの心の海の底にこそ、光り輝く真珠が在る」

声は諭す。
ほんの少しの慈愛を含んで。

何故だろう。
もう姿形すら失ったはずなのに。
僕は身体が奥から震えるような高揚を感じていた。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://3373plugin.blog45.fc2.com/tb.php/106-5f6a0682

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。