3373plug-in

ゲーム二次創作中心ブログ。 更新まったり。作品ぼちぼち。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
【The・四人様でさぼてんに行ってきたようです】
*
目の前に広がるトンカツとキャベツの山…。

「(*´ω`)うわ~すごいよあんちゃん、ほかほかのおにくがいっぱいだよ~」
「そりゃそうさツン子、今日は中の人が奮発して俺達のために用意してくれたトンカツだからな!腹いっぱい食べていいぞ!(ツン子嬉しそうだな…プロアンサーになれて本当よかったお)」
「協会の給料じゃこんな店滅多に来れないから緊張するっすね…とりあえずやわらかヒレカツセットでお願いする、っす…」
「それじゃ俺は特上ヒレカツセットとカニクリームコロッケを四つ、夜食の持ち帰りにヒレカツサンド二箱」
「Σ ちょ、大家さん!?あんたもう少し自重!今日の主役は俺なんだからっ!?」


大家「…という夢を今朝見たんだ…」(大家は遠い目で空を眺め背中で訴えている)
兄「それって新手のおねだりですか大家さん…(細身のくせに食べ過ぎだろ…)」
(上部の会話テキストは沢村さんの提供でした。使用許可有り難うございました!)


という訳で、今日は駅中にある「新宿さぼてん」にトンカツを食べに行ってきました。
「一発でプロになれたらさぼてんへ食べに行く」と決めてましたので、ラッキーついでにもりもりおにくチャージしてきましたよ!

~夜六時~

妹「あんちゃ~ん、中の人がお仕事終わったら食べに連れて行ってくれるって!楽しみだよ~~(*・ω・)」
兄「ああ…そうだねツン子や。ちゃんとお腹をすかせておいたかい?ああでも、いきなり食べるとお腹がビックリして下すといけないから、何か軽くカステラでも食べておきなさい…でも、一欠片くらいにしておくんだよ。何せ、普段は揚げ物なんてなかなか口にしないし…」
隣「俺も同じ…っす(トンカツ…じゅるり…)」
大家「俺も行くの初めてなんだよな。つー訳だからがっつり食って明日も勝つ、と」
兄「パチスロ的な意味で」
大家「そうそう。…あ、イベリコしゃぶしゃぶとかも良くね?俺頼もうかな、中の奴のツケで」
兄「ちょっ、それオチとか流れ的に絶対俺の支払いになりますから!(ダメだこの大家…早く何とかしないと…!)」
大家「今兄ちゃんさんは俺に対しザキを唱えたに5000点」
兄「とととと唱えてませんってばっ!!」
大家「ダウト!それは嘘をついているアンサーの味…後でテイクアウトにミルフィーユカツ追加でよろ」
兄「(何故ばれたし)」
隣「(顔でばればれっすよ…)」
こんなのだから、ダウトされまくるんです本当に(ry

*

で、つつがなく入店。
中でお食事を頼みます。

妹「あんちゃんあんちゃん、どうせだから一番豪華なのにしようよっ!!」
兄「ああ、そうだねツン子や。…おっと、すりごまはお肉のソースと絡めて食べるんだよ。サラダ用じゃあないからね…そうそう、中にツボからソースを注いで食べるだ」

店員『ご注文お決まりでしょうかー』

兄「とっと、ではえーーっと…選べる定食にしてください!デザート抜きで」

「(´ ゚д゚)」
「何故抜いたし」
大家「えー俺食後にコーラ欲しいんだけどー」

「予算の都合です。(キッパリ)」
妹「あんちゃん、ツン子アイス…(´・ω・)」
兄「まあまあツン子や、食べたら分かる…ここの揚げ物がどれほどのボリュームなのか…」

28905140_3233464369s.jpg
店員『お待たせいたしましたー』







全員「キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!」

「肉!」「おにく!」「カツ!」「今日の晩飯だな」
「でははりきって」「いただきまーっす!」

~しばらく無心で肉にかじりつく音のみなので割愛~

カツカツカツカツカツカツ カチャ チャキ (箸を置いた音)
「ゴチでしたっ!!」


妹「はふぅ、もう入らないよー…」
兄「ほらねツン子や、あんちゃんの言った通りだったろう?」
妹「ホントだ~…でもあんちゃん、カツ美味しかったよぅ!また来ようね!!」
兄「そうだねぇ、次は…」

大家「ブロンズ合格したら鍋だな。次回はあんちゃんのおごりで」
隣「そっすね」

兄「何決めてるんですか!!!しかも中の人のペース的に絶対冬中にはブロンズテストまで行かないと分かり切っていてなおそれ言いますか!!」

大家「…予約だよねー(ぼそり)」
隣「ふたりきりで豪華ディナーとか絶対阻止っすよねー(ぼそり)」

兄「(#゚Д゚)」
妹「で、でもでもっ、お鍋はみんなで食べた方が美味しいよぅ、あんちゃーん」
兄「…む、そうか。そうだな…」
妹「そうだよぅ!それにきっと、次も中の人が食べさせてくれるよう!」
兄「!…そうか、そうだな!よーっし兄ちゃん頑張ってまた稼ぐからなー!!」

隣・大家「(計画通り)」

うっかりお隣さんと大家さんにダウトしそこねたあんちゃん。
次回(があれば)にも彼らの予約を入れてしまったものの、次なる目標・ブロンズライセンスに向けて遠い道のりを歩き始めたのでした…。

兄【とりあえず今はプロ維持】妹【おにくたくさん食べられました】
隣【むこう数ヶ月ぶりの肉】大家【翌日スロットのもうけでカツサンドをテイクアウト】

あ、あははははは大家さんお隣さんフリーダム度がアップしてる…!!>鍋予約ルート
イントロが夢ネタ導入でとりあえず吹いた沢村です。ネタ会話使っていただきありがとうございました!しかし大家さんどこまでユビーターでパチスロッターでフリーd(略

静岡で仕事してた時はさぼてん惣菜部門が帰りすぐに寄れるところにあり、そのおかげでカニクリームコロッケウマママに目覚めた肉スキーです。基本的に美味しいものは腹九分目主義なんですが、さぼてんだけはッ!全力でッ!腹に入れるッ!
そういう「おとりおきごはん」のお店があるのは良いですよね。自分はロイヤルホストがその位置づけだったんですがお店がつぶれてしまい、街中までチャリで行かないとダメになってしまいました(´・ω・`)(しかも街中のロイホは接客があまり…)

次なる四名様の食い倒れ記事も楽しみにしております!

2009.10.04 19:02 URL | サワムラー #CqAjKjhU [ 編集 ]

コメント有り難うございます( ´ω`)

>サワムラーさん
大家さんは回を増すごとにフリーダムが増しているような…そしてそれに感化されるお隣さんという。
さぼてんは店頭に駅弁向けのテイクアウトがあるので、何かの折にミルフィーユカツ食べて以来ファンです。
とはいえ、店内飲食をしたことがなかったので今回は腹の底までウッーウッーウマウマ(゚∀゚)してきますた。ここは全力勝負ですね!
しかし総菜部門が近場だったとは、なんと羨ましい…ジュルリ。
「おとりおきごはん」という感じではないですけれど、モスが近い位置づけでしょうか。
早くいいとこ見つかるといいですねー。

次回食い倒れは?

兄「財布の中には千円一枚」
隣「シメのアイスが言い出せなくて」
大家「牡蠣フライ追加」 
おたのs(爆破)

2009.10.05 21:55 URL | ハチヤ #MJWiGxv6 [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://3373plugin.blog45.fc2.com/tb.php/511-8edf6b45

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。