3373plug-in

ゲーム二次創作中心ブログ。 更新まったり。作品ぼちぼち。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
( ´・ω・`)…

【兄ちゃんはしょぼくれているようです】
*

翌日。
土曜日の夜。再び兄ちゃんは回答席の前に。

今日は静岡のイケメンモヒ・のいやさんちのアレグロ・Mさんがプロテの日。
あんちゃんは再び時報マッチに臨んだのでした。
しかし。

兄「(…最近ツン子の伸びしろがでかい…)」

兄は悩んでいた。
プロになってからというものの、どこかクイズに寂寥感を覚え、ツン子のように情熱的に大胆かつ慎重に早押しボタンと向き合えていない自分に。
かたや、SSとはいえ連勝し着々と称号を増やしている妹の好調ぶりが気にかかってもいて。

兄「(…い、いかんいかん!心の迷いはマッチングに響く!アレグロさんに失礼だぞ自分!集中しろ…)」

・・・
・・・・
・・・・・

兄「(マッチング出来ない…昨日と違ってタイミングが合わなくなってるかな…)」

いつもお世話になってる管理人モヒさんだけに、お会いしたかったのだけれども。
進むマッチング。進む時間。思うように進まぬ対戦。

兄「(いつか俺、ツン子に追い抜かされるかな…プレイ数は俺の方が上だけど、もし中の人のきまぐれでツン子がメインになったら…)」

兄→どこにでもいるデフォ・特に長所無し・へたれ
妹→可愛いツインテ・美味しくご飯が炊けます・可愛い

・・・…

兄「(やばい!俺の勝ち目ない!どうしよう俺!どうする!どうする俺っっっ!!)」

悶絶する兄。
決まる対戦相手。

28905140_1342736390_convert_20091101210119.jpg











ピコーンピコーンピコーン

兄「(  ゚д゚)ぼーっ………・・・はっ、あっ…って、なんかどえらいやばい人がきてる!!まずい、この回決勝行けないと降格なのに!(; ゚д゚)(このイケメンと名高いロン毛さん来てる時点で、思いっきりガメオベラだろ!!)」

結果。
四位。SS降格。orz

兄「( ´;ω;`)結局マッチング出来なかったし、最後はフルボッコにされるし…。
アレグロさんなら、俺の応援がなくたってきっと大丈夫だろうけど、俺どうしてこうも成績安定しないかな…きっとダウトのせい、ダウトのせいだお…はあ、帰ろう…」

アレグロさんとはお会い出来ず、まんじゅうを仕込んだ花束を渡せずじまいで兄ちゃんはとぼとぼ帰宅の途についたのでした…。

兄「ただいまー…」
妹「あんちゃんお帰り~~!今日はあんちゃんの好きなもろきゅう作ったよ…どうしたのあんちゃん、朝からお元気ないよぅ?」
兄「いや、その…(まさか、成績の事で悩んでるってツン子には言えないし…)」
妹「あんちゃん、ツン子に言えないようなお悩み( ´・ω・`)?寂しいよぅ」
兄「すまんなツン子、兄ちゃんもそういう年頃でな…」
妹「そっか…あのねあんちゃん」
兄「? 何だいツン子や」

妹「ツン子ね、あんちゃんがブロンズプロになれるよう応援してるからね。ツン子はあんちゃんのクイズのお手伝いいっぱい頑張るから、きっときっとなってね。お約束だよぅ」

兄「ツン子?」

妹「昨日からお元気ないから…きっと早押しボタン押すの遅いの、いつも気にしてるのに、ツン子がつい早押しの凄い称号見せたから、お元気なくしたかなって…」
兄「!!?」
妹「ごめんねあんちゃん、あんちゃんいっつもツン子のためにってお金貯めて、お洋服もお肉もガマンばっかりしてるのに、ツン子、あんちゃんが悩むような事してごめんね、ごめん…ね…( ´;Д;)」

「うわああああああああ!!ツン子泣くなあああ!!兄ちゃん確かに図星だったけど、でも!しかし!お前が泣くのがあんちゃん一番辛いんだよおお(;・Д・)!!…はい、ちーんしてちーん。すまないツン子や、あんちゃん、お前が一番の応援リーダーだったこと忘れて、自己中な事ばっかり考えていたよ…今ものっそい反省した。だからツン子も泣くのをやめておくれよ」
妹「( ´・ω・`)…うん」
兄「ツン子…あんちゃん、今調子悪いけど、きっと頑張る!ブロンズ目指すよ!それでお前に気兼ねなんかさせないように、楽な生活させてやるからな…」
妹「う、うん…ツン子もいつかプロになって、あんちゃんみたいに協会からお給金もらえるよう頑張るね…」
兄「ツン子…良い子だ、ツン子は良い子だ…!(いつかメインでなくなっても、ツン子となら俺はいつだって交代してやれそうだ…)」

肩寄せ合って、ひしと抱き合う兄妹。
果たして、アンアン2稼働中に兄はブロンズになれるのか。
妹は果たしてテストラインまで貯蓄出来るのか。

今はひとまず、お互いの距離を確かめ合い絆を確かめあう二人でありました…。

※対戦していただいたてもちんさん、ならびに記事に書かせていただきましたのいやさんに感謝と御礼を。有り難うございました。
ただ、何か問題ありましたらご一報いただけましたら幸いです…m(__)m

【兄】450万プロ【妹】まだ六段【隣】自室で号泣

壁|ω・´)<……

壁|ω・´) っ【スペランカー多村印のお守り】

壁|ミ ピャッ


て、多村お守りだけでは不吉にもほどがあるし兄ちゃん泣くだろうのでご挨拶。ども、時報へのご参加ありがとうございました。何分東方もとい当方An界隈ではレアクリーチャーなんで、ご参加いただけてたというだけで有難いっすよ。
自分はラルゴもこないだやってきたばかりでサブカとメインのジレンマって分からず申し訳ないのだけど、複数カード使いからするとそういうのは(リーグ差も含めて)よくある話みたいやね。押したいという気持ちに駆られて(予算や時間の都合込み)プレイしたら成績ズタボロというのはよくある話で、そういうのを緩和する意味でもラルゴ動かしてみようかなと思う。無理せず脳味噌のコンディション整えようってとこかね。

(V ´ー`)っ【手焼きクッキーとミルクティー】

(V ´ー`)<対戦前に甘いものを補給するのも脳の活性化にはおすすめですよ。

長文すんませ。またどこかでマッチングしたらよろです。

2009.11.06 01:35 URL | neuer(アレグロ・M) #CqAjKjhU [ 編集 ]

>neuerさん

|ω・)!…コレハデンセツノスペランカーオマモリ!
兄「すごいお土産もらったお!さっそくツン子に見せてやらねば…」
隣「待つっすよあんちゃんさん!それはスペランカー多村のお守り…それを装備するといきなり机の角で青アザ作ったり、たちまち何でもないところで大怪我するようになっちまうっすよ!!」
兄「お隣さんのバカ野郎!多村はなあ、怪我さえなければ余裕で本塁打王狙える逸材なんだぞ!漢ならちっとやそっとの怪我や不調なんて気にするなという、アレグロさんの粋な心意気が分からないのかっ!!<●><●>」
隣「!!…俺が間違ってたっすよ、あんちゃんさん…」

小咄強制終了(爆)。お守り有り難うございます( ´ω`)
マッチング出来なかったにもかかわらずコメントいただき有り難うございます。粋なレアモヒ板前さんにお会いしたかったですわ。

>メインとサブについて
実は、ツン子も最初に脳を動かすために作ったのがきっかけでしたからね…そうやって使い分けてたはずなのに、気がつけば思い入れがでてしまい。
色々と欲や雑念が出てしまいますが、初心に帰ってのプレイを心がけてみますわ。

( ´ω`)つ【花束とお饅頭セット】

という訳で、ラルゴさんとご一緒にどうぞですよ。
クッキーと紅茶はこの後アパートの皆さんで美味しくいただきました。手焼きだなんて、嬉しい限り。
甘いものは必須ですね。いつもパックのカフェオレかココア片手に押してますけんのう。

これからもお二人の活躍を影ながら応援しております。
こちらも長文になりまして失礼しました。
今後ともどうぞよろしくですよー( ´ω`)ノシ

2009.11.06 22:16 URL | ハチヤ #MJWiGxv6 [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://3373plugin.blog45.fc2.com/tb.php/530-e1df8a71

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。