3373plug-in

ゲーム二次創作中心ブログ。 更新まったり。作品ぼちぼち。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
( ´・ω・`)久々に浮上いたします…


ノッキンオンザドア。
*

翌日、開けて8月11日。
眠気と酒瓶の海に沈没していた野郎共を叩き起こしたのは、既に高く上がった夏の朝日ではなく、けたたましいまでの激しいノック音であった。

ドドドオドッドオドドオオッドドドドドドドオドオッドオオオッドオオドドドドドドオドオオオドドココドドドコドコドコドドコドドンガドンドンドンガドンガドンドンドン

「うるっせええええええ!!」
ノックでリズムを刻むなあ!とドアをご開帳した大輔の罵声をもろともせず、部屋に飛び込んできたのはとびきりの清々しい笑顔を称えた庵であった。

「喜べみんなーーー!!おもいっっきりやりこめてやっt………くっさあああああ!酒くさっ!お前等俺が必死こいてた時に何やってたんだよ!!このバカあああ!!」
さて朝日の如く清々しい微笑み王子となって酒盛り場跡地に飛び込んできた庵が、再び悪意の権化と化してぶちぎれ暴れまくったのは実に想像に難くない話であった。


*

はてさて反省会ののち、ほぼ酔い潰れてダウンしていたチーム桜島の面々が自室に引き揚げていくと、残った面々=晶・敦・まだベッドの上で青い顔をして「おえええ」と唸っている夏彦・そして大輔のみとなったところで、改めて庵はこほん、と仰々しく咳払いをして仕切り直す。

「皆さん反省しましたね?」
「はいとってもしましたよ庵。…僕、巻き込まれただけなんだけどな…」
「晶君晶君言い訳は男らしくないよね ( ´・ω・`) そんなこと言って、下町のナポレオン・いい●こを一本空にしたんだってね ( ´・ω・`) ?時と場合によっては説明を要求しますお ( ´・ω・`) 」
「ゴメン超ゴメン。しかも素面でいられるほど自分が酒に強かったとは知らなかったんだよ…」
「それは俺も超びっくりだお ( ´・ω・`) お前の誕生日に開けた葡萄ジュースレベルな赤ワインとはアルコール量比較になんないし。
でもそれは今関係ないよね ( ´・ω・`) ?」
「うん、ごめん。だからそんなにつぶらな瞳で見つめないでお願い。しかもうっすらクマ浮いてるし」

「睡眠時間ゼロ分だという点も含めて、分かっていただけたらいいんです。
<●><●>
…こほん。そしたら説明始めるお」

【8月11日・朝から説教・夏彦真っ青・その頃あのマネージャーは・続く】












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://3373plugin.blog45.fc2.com/tb.php/589-9bfd5766

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。