3373plug-in

ゲーム二次創作中心ブログ。 更新まったり。作品ぼちぼち。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
※先日ひっそりと時報参加させていただき、有り難うございました。
対戦していただいた皆様、楽しい一時重ねて感謝です( ´ω`)


【マネージャーは山分けの総取りに失敗したようです】
*

その頃。
前日の苦々しい交渉の余韻さめやらぬ、重苦しい不快感でアイアイのマネージャーは短い仮眠から身体を起こした。
深夜4時過ぎまで続いた安佐庵とのイベント参加交渉は最悪の一言である。

…イベント開催の立案における、アイアイ事務所に対する計画の不備と指摘から始まり、準備不足と説明のなされていないアポ無しによるイベント参加についての責任追及と説明請求、前回の仕事の要請に至る経緯と今回の段取りについて微に入り細にわたり細かい疑問点と「頭を傾げるような」とのたまわれた無茶なタイムテーブルまで全てを仕切り直され、ものの一時間もせぬ間に理路整然と試案を再検討、その場で瞬く間にイベントの改善策についてプレゼンが粛々となされる様に、こちらとしてはただただ指摘に冷や汗をかきつつ、庵の慇懃無礼で恩着せがましい皮肉たっぷりのご高説を聞き流す他無かった。

そして、残り時間は営業部長と庵の一対一による協議をただ隣で地蔵のように身を硬くして聞いているだけの時間。
社会人になって一番の拷問タイムだったと思う。
営業でにべもなく断られている方がまだましだ。
針のむしろとははあのことを言うに違いない。

営業部長が顔を赤鬼のようにしてこちらを刺すような視線でチラチラと見る度に、寿命が縮む思いだった。

そもそも、あの営業部長が、奴の「ところで、詳しいイベントプランの仕様書ってないんですか?」と聞かれてホイホイ見せるのが良くない。

いや、そりゃあ表だって主役として立ち回ってもらわなければならないのだが、こちらとしては今晩秘密裏に口裏を合わせてもらって、それから正式にネーデルテンボスとの交渉の席に座ってもらおうと思っていたのだ。
前回と同じく情に訴えつつ、ダシに少々の手付け金と可愛子チャンとの接待約束でも取り付けておけばいいかなと思っていた。
いや、そのくらいでお安く押さえようと思っていたのが間違いだったか。

何しろ、相手は劣化していると自称していても、やはり天才なのだから。
腐っても鯛は鯛か。
嫌になるね、日々あがいてる凡人としては。

悪態を吐きたくなる不快感を、洗顔で洗い流す。
と、そこへ客室内の固定電話がピロリロとモーニングコールである。最悪だ。

「ミタライさん、起きてらっしゃいますか?おはようございます」

ああ、やっぱり営業部長か…。

久々に名字で呼ばれた気がする、とマネージャーが現実逃避気味にどうでもいいことを思っていると、相手は返事がないのを不愉快に感じたらしい。受話器の向こうでこれ見よがし、もといこれ聞きよがしな鼻息の抜ける音が。
「御手洗さん?」ともう一度、低い声色で耳元に営業部長の声が響く。

重苦しい。逃げたい。
というか、ガチャ切りしたい。…営業先でなければな。

「あの、申し訳ないのですが、朝食の席で昨日のお話の続きをお願いしたいのですが。それとも、もうお食事はお済みで?」
「え、いえ…まだ、です。と、言いますか今起きたばかりで…」
「左様ですか。こちらは昨晩から一睡もせず本社や協賛企業への電話説明やスタッフへの説明内容の編集に追われていまして、今し方一応のケリがついたところです。ですが、これらの内容検討はもとより、新たに発生した追加予算…まあ、主にノーギャラだったはずのアンサー庵が請求してきたギャランティ及びそれを拒否した場合の損失額、及び先方が訴訟も辞さない構えでいる件について本社へどう言って説明しようかと頭を悩ませておりましてね」
「は、はいい…」
「今朝一番で連絡を聞いた本社社長は大層お怒りのようです。今日の昼にも代理が東京からこちらへ面会に訪れるそうで、是非立ち会っていただきたいのですがその点についてもご一緒していただけるようお願いいたしたく」
「はい、はいそれは勿論ええ、ええ」
「では三十分後に一階のレストランで」
語調とは対照的に派手にガチャ切りされた受話器を手にしたまま、しばらくマネージャー=御手洗は動けぬまま呆然と立ち尽くした。

【8月11日朝・憂鬱なブレックファースト・その頃庵たちは室内でルームサービス・杏奈たちは朝食バイキング・続く】












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://3373plugin.blog45.fc2.com/tb.php/590-927221d8

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。