3373plug-in

ゲーム二次創作中心ブログ。 更新まったり。作品ぼちぼち。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
子守歌が聞こえる。
*

『思い出してみろよ。お前、ずっと暖かい飯を作ってくれる『母親』が欲しかったよな?いつでも自分の方を見て、自分の話を聞いてくれる『父親』がいてくれたら、と思ってたろう?金遣いの荒くない、なおかつ自分だけを見て自分に寄り添ってかいがいしく仕える『妻』が欲しかった!違うか陽一!?』
「!………」
『…そうだよな、双葉は丁度良かったよな。自分以外に頼る者縋る者もいない、記憶が無いから何とでも吹き込み放題、しかも顔も容姿も惚れ抜いた女そっくり、惜しむらくは男、だった事だけだが。だが、ある意味息子で良かったのかも知れん。あいつが女だったとして、養父が養女に懸想したなどとあっては、死んでも死に切れんだろうしなあ』

顔が紅潮しているのが嫌でも分かった。
違う、違う、俺はそんな自己満足のために双葉を引き取ったのではない。
俺は、俺は、俺はあいつを少しでも幸せにしてやりたくて、暖かい世界を教えてやりたくて…。

『…綺麗事、だな?陽一よ。だがそれなら、なおのこと双葉を救ってやらねばな?今際くらい、きちんと自分の罪を精算して双葉に詫びの一言でも言ってやれ。チャンスをやるからさ』
「チャンス…」
『そう、死神の影から、双葉を救える、たった一度のチャンスをくれてやる。二度は無い。どちらにしろ、俺達は明日の朝、死ぬのだから』

目の前に居たはずの「もう一人の俺」の像が、暗闇に溶けて歪み、捻れ、消える。
周囲にモヤが立ち込め、一寸先も見えない灰色の霧中に取り残される。

何も。
何も見えない。
不安に駆られる俺の眼前へ急に眩しい光が射し込み、目を逸らす。

世界が、突然実像を成し俺の眼前に立ち現れる。


………
…………。

「ここは…」

古びたアパート。
俺達の最初の家。
悪夢の舞台。
だが、目が眩むほどに日差しの暖かい、日当たりのいい部屋…。

あいつが、高校生姿の双葉がいる。
洗濯物をたたんで、一人居間の畳の上にちょこんと座っている。

子守歌を、口ずさみながら。
腕に抱えた「何か」を、愛おしげに、見つめながら。

双葉の背中越しに見える、一抱えもある白い布の塊。

赤ちゃんの、おくるみ。

ふいに、子守歌が止んだ。

「おかえり、おとうさん」
腕にひしと、大事そうにおくるみを抱えたまま背中越しに振り返り、双葉は聖母の微笑を浮かべて俺を見上げていた。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://3373plugin.blog45.fc2.com/tb.php/76-603379d8

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。