3373plug-in

ゲーム二次創作中心ブログ。 更新まったり。作品ぼちぼち。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
陰一人。
*

「…うぅ」
太股の鈍い痛みで目を覚ます。
煤けて血なまぐさい、冷え切ったアスファルトの壁にもたれかかる。
廃墟と雑居ビルの間。
空には煌々と影時間を照らす陰鬱な満月が見える。

全身がけだるい。
思考が鈍い。
何もかもが面倒でならない。

俺は何故ここに居る。
何故ここに来た。
何一つ為しえる事も出来ず、無駄に生きあがいている。
結局、あいつへの手向けにもならなかった。

俺は何一つ妥協せずに選んできた。
だが、手元に何一つ残るモノは、無い。
友も、親も、…娘も。

これが、あの日の「罰」だというなら。
神よ。
あんたは残酷すぎる。
俺には、何一つ得心も満足も与えてはくれない。

それは、俺が望まれて産まれた存在ではないからか。
世界を回すネジとしても不良品の、
別段必要のない、イレギュラーだからなのか。
それでも。
それでも俺は…。

*

「堂島」
失血から来る貧血で朦朧としていた堂島は、ふいの呼びかけに顔を上げる。
そこに居たのは、意外な人物だった。
一瞬、夢か現かの判断が付きかねて言い淀んでいると、相手は思い出と同様に歯を見せて笑った。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://3373plugin.blog45.fc2.com/tb.php/84-a7785874

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。