3373plug-in

ゲーム二次創作中心ブログ。 更新まったり。作品ぼちぼち。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
交わす言葉とのこるもの。
*
「…」

互いに、一瞬声が出なかった。
同情や口先の慰めで癒えるような傷なら、そんなものなど無くても塞がっている。
それは、陽一自身が身を持って知っていた。

「…俺の母親の話、お前にはしたな」
「ああ」

堂島の母親。
当時、名前を聞けば誰でも知っていたような老舗の一人娘。
裕福な家庭に育ち、優しい婚約者もいた。
だが、当時既に妻帯者であった鴻悦に懸想され、無理矢理犯された挙げ句に子を身ごもってしまった。親戚縁者には再三中絶するように勧められたが、彼女は命を絶つ事など出来ないと、出産を決心した。
それを知った鴻悦は、数多くいた愛人の一人になるよう彼女に迫ったが、彼女は毅然とそれをはねつけた。鴻悦は逆上し、実家の事業はおろか、同情してくれた婚約者の会社までも徹底的に攻撃され、跡形もなく潰れた。
婚約者は親兄弟に責め立てられ自殺、両親は借金のカタに実家が引き取られる朝、揃って首をくくった。
彼女一人だけが、産まれてまもない息子を一人残して死ねず、周囲の白い目に耐えながら生きて息子を育てる道を選んだ。
鴻悦は、そんな状況を知っていただろう。
だが、一度たりとも彼女に詫びる事は、遂に無かった。

「…俺は知っていたはずだった。親がどれだけ偉大だったか。愛してくれる存在がいるのが、どれだけ有り難い事だったのか」
「堂島…」
「なのに、なのに、俺は…俺は………俺は、あの一番憎んでいた父と同じ事をあいつにしたんだ!!」
「違う!!」

互いに心のつかえを叫んで、そのままみっともなく涙をこぼし、嗚咽した。
陽一は、俯いたままアスファルトに涙を落とす堂島の肩を、引き寄せて力強く抱きしめた。

「…すまん」
「…何故、お前が謝る」
「…もっと早く気付いてやれば良かった。傷ついたのは自分ばっかりだと思って、あの一番辛かった時期に、一番身近で支えてくれたお前の事すら気付けなかった。お前だけじゃない、きっとチームの仲間だって色々思う事はあったはずだ。榎本だって、狗神だって、金森だって…。俺、やっぱ全然駄目だった。すまん、本当にすまん…」

二の腕を胸元にこじ入れて、陽一の身体をゆっくりと引き離すと、堂島はあきれたように力無く笑って肩をすくめて見せた。

「馬鹿を言うな…これは、俺の背負う分だ。お前に、肩代わりさせる気はない…」
「だが…」
「ただ、これから本当に死ぬならお前にだけは知っておいてほしかった。
俺の本当の顔を。俺の小ささを。
買いかぶりすぎだと常々思っていたし、俺は正直お前が羨ましかったのかもしれん」
「俺が…?」
「お前に、息子用の召喚機を送りつけただろう」
「ああ」
「あの時、俺はお前の身の危険のために送った。だが、もしかしたら本心の俺はお前と同じ肩書きを得たかったのかもしれん。普通の父親になって、何でもない暮らしをする。俺には一生、叶わない夢だが」

堂島は、自分に関わる事実の全てを知った時、絶対に子供を持たないと心に決めた。
小学校四年生の事だったという。

「…成瀬。今でも俺はあの小僧を死神の化身だと思っている。だから、行って確認してこい。今、この場で危険に晒されている少年が、お前の愛した息子なのか、それともすくすく育った怪物なのか、を」
「止めないのか」
「止めん。俺が注意しようと行くのだろう?それだけ強気なら心配いるまい。…何より、お前はあのころと随分顔元が変わっている。いっぱしの、父親の顔になりやがって。むかつくよ」
「そう見えるのか?…お前に言われると、照れくさいが一番効くな。嬉しいね」

陽一はコートの内ポケットに入れていたマルボロに手を伸ばし、箱を取り出すと一瞬思案に暮れ、「やっぱいいや」と堂島のコートにねじ込む。

「ゲン担ぎで一本と思ったが、やめとくよ。その代わり、お前にそいつのツキを全部くれてやる。なけなしだがな」
「いいのか」
「構わん。それより、もっといいもの持ってきた」
そう言うと、陽一は首に提げてきたMP3のストラップとイヤホンをつまんで見せる。
「…あいつがくれたんだ。いいお守りだろ?」
「親バカだな」
「そういうなって。…それ、生きて帰れたら吸わずに処分しとけよ。お前もいい機会だし、禁煙しなって」
「おまえが言うな」
「ごもっともで」

また可笑しくなって、声を殺して笑い合う。
きっと最後の笑顔。
そう思っても、もう悲しくはならなかった。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://3373plugin.blog45.fc2.com/tb.php/88-223da3c9

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。